WIFI の事

WIFIというとインターネットをするためのワイヤレスコネクションのことを言います。 インターネットするのに普通、モデムを使いますが接続出来るコンピューターは1台だけです。 複数のコンピューターでモデムを使うためにはルーターが必要となり、複数のコンピューターのデーターを混雑しないように振り分けます。

次にルーターにはケーブル接続するものをLANと言い、ワイヤレスで接続するワイヤレスLANと言います。
最近は、ワイヤレスLANの接続をWIFIと呼ぶようになっており、電波が届く場所ならどこでも使用できます。

WIFIは電波の事ですが、一般的に2.4GHZという周波数で12チャンネルの違うものが使用されます。 しかし、その中の1チャンネルを使用すると言っても周波数に幅があって、約3チャンネル分の周波数を使用します。
具体的に周波数を分けるとしたら、1~3、5~7、10~12というようなチャンネル幅になります。

しかし、隣り同士が離れている家なら周波数の問題はほとんど無いのですが、コンドミニアムに住んでいる場合は大変です。 近所の人たちがワイヤレス・ルーターを購入し同じ周波数を使い始めると電波が飛び交って電波干渉が起こります。

実際、私は困ってしまいました。 チャンネル設定を自動にしていたのですがワイヤレス・ルーターが誰も使用していないチャンネルを見つけられなくなって、いつまでもワイヤレス・ルーターが使えないという状態になりました。

そこでチャンネル自動選択を止めて、自己選択で開いたチャンネルを決めました。  数年はそれで何とか使えたのですが、近所にもっと強い電波が飛ぶようになってほとんど使用できなくなりました。

最後の選択は今まで使用していたワイヤレス・ルーターを買い替える事にしました。 現在は最新式のワイヤレス・ルーターを使用していますが、いつまで使えるのでしょうか?
私は少しでも長く使用できるようにするために、評判が良くてあまりポピュラーでないメーカーの物にしました。 ポピュラーなメーカーの場合、誰でも買う可能性があるし、古いモデルは何時までも新しいモデルに勝てないからです。

やれやれハイテクについて行くのは大変です。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.