ヨベルの祈り


 50年前から祖母が、被爆後、結婚し壊れた家族のために祈り始めました。そして私の両親。私の兄弟、そして子供達へと祈りは続けられています。

 その祈りの期間の中で祖母、両親は召天し、もう祈りは聞かれないのではないだろうか?

 それが急に、去年の49年目から大きな転換を迎えました。 えーこんなことがあるのだろうか?と思ったけれどやはり現実は厳しかった。 大きなギャップがあった。 何度も絆が深くなることを期待したのだけれど、そこ残ったものは犠牲と落胆だった。
 もう原爆で壊れた家族の時間は残り少なくなった事が見えてきた。

 50年目に大きな転機が起こった。 10年前に破れた写真の発見から始まった。
その後、40年前のどん底生活を書いた手紙が読まれ、50年に忘れられたように思われた出来事が、どんどんと明らかにされつつある。 何故こんな古いものが残っていたのだろうか? 隠され、封印されていたものが見つかりつつある。

 神さまは真実なお方、何百人、何千人が捧げられた人々の祈りを今、実現しようと働かれ始めたのです。 本人たちも今更、何のことと言って触れたくない出来事なのです。 傷が深くならないように、逃げていこうとしていました。 しかし、神さまの働きに気付いた人はその祈りに参加して、祈り続けています。

 それは、まさにイエスさまを信じないと言っていた人が、信じることから始まりました。 私は悪くないといっていた人が一歩ずつ、神さまに近づく事から始まりました。

 それは人がタッチ出来ないし、誰も出来ない事から始まった。 ある信仰者が隠すことなく、信仰の友に祈って貰うことから始まった。 被爆治療のために別れて生活し、壊れた家族のために祈ることしか出来ない所から始まった。

 私は神さまの不思議を見て驚いています。 励まし、祈りながら、、

『「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言った。そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。』(使徒行伝16章31-32節)

 祖父母が救われるという事は、三世代以上が救いの恵みに預かれる機会が大きいということです。 本当に素晴らしいことです。 今まで途切れていた絆がイエスさまによって繋がる事ですから、、
ヨベルの祈り1| ヨベルの祈り2

One thought on “ヨベルの祈り

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.