テスト「代替テキスト」

世の終わりには


『だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教が起こり、不法の人、すなわち滅びの子が現われなければ、主の日は来ないからです。 彼は、すべて神と呼ばれるもの、また礼拝されるものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します。』(Ⅱテサロニケ2章3-4節)

 現在、世の中は非常に危険な時を迎えつつありますが、まだ世の終わりでないと聖書は伝えています。 世の終わりには偽キリスト、異端と呼ばれる偽キリスト教が盛んになると言うのです。 まだその時は来ていませんが、近い事は世界中の人が気付いています。
 クリスチャンはしっかりと救い主であるイエス・キリストを知らなければ、背教が起こったら背教から逃げる事は出来ないのです。 その後ろには、サタンが必ず付いており誰も、サタンには勝てないのです。 しかし、イエスさまの力によってサタンを追い出す事が出来るのでご安心ください。

 クリスチャンは無防備ではサタンには勝てないのです。 必ずサタンと戦う用意をしなければなりません。 間違えてはいけないのは、サタンと人間は違うのです。 一番大事なのは、イエス・キリストを知るという事と一緒に愛の世界に生きる事です。

 愛の世界といっても、人間の愛と神の愛は違うのです。 神の愛を学ばなければ人間的な愛と神の愛をいつまでも理解出来ないのです。 人は見ていないことを学ぶ事は出来ませんが、人の上に働く神の業を見る事が出来た時、学ぶ事が出来るのです。 そして、その業には神のみ言葉が一緒に付いてきます。 それが神さまのお約束です。 一人の人を通してよりも、より多くのクリスチャンの仲間から学ぶのです。 クリスチャン一人ひとりは、未完成な「神さまの子供」です。 しかし、神に選ばれた人は未完成な人たちの中に働かれている神の姿を見る事が出来ます。

 今は終わりの時ですが、まだイエスさまの救いと愛を貰う事が出来ます。 この救いを是非、教会へ行って学んでください。 信仰から遠ざかっている人は是非、新たな気持ちでみ言葉によってイエスさまのことを学んでください。 祈っています。

『天にある支配と権威とに対して、教会を通して、神の豊かな知恵が示されるためであって、私たちの主キリスト・イエスにおいて実現された神の永遠のご計画に沿ったことです。 私たちはこのキリストにあり、キリストを信じる信仰によって大胆に確信をもって神に近づくことができるのです。』(エペソ3章10-12節)

『兄弟たち。堅く立って、私たちのことば、または手紙によって教えられた言い伝えを守りなさい。 どうか、私たちの主イエス・キリストであり、私たちの父なる神である方、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。』
(Ⅱテサロニケ2章3-4節)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.