日本、海の恵み


最近、科学が発達し今まで不明だった事が、少しずつ明らかにされるようになって来ました。 その中で、日本はなんと、水と海産物に恵まれているのかという事を連日、ドキュメンタリに伝えています。

 

日本は地球が大きく変化する地殻変動の時、アジアから引きちぎられたような形と、隆起によって形成され、日本近海にとっても深い深海があります。 普通、陸はフラットな海の深さでつながっているのですが、日本は近海に海溝が存在し、海洋プレートが下に沈み込みんでいるという事です。 そのために日本は地震と火山の動きが盛んです。 それと同時に、日本では色々な深さから、たくさんの種類の魚が取れるのです。

 

日本は四季や雨に恵まれ、山から流れる川に多くの栄養とミネラルが含まれる事となります。 そのお陰でたくさんのプランクトンや、海藻が増え魚の餌となります。 また海流の動きで、酸素が増えプランクトン、魚が大きく成長するのに役立っています。 その餌場を求めて、世界中の魚が日本に集まって来るのです。

 

もう一つ大事な事は、日本では山林を大切にし水を蓄え、酸素を作り、環境を整えます。 必要以上の木々の伐採は、環境を壊します。

 

今まで、祖先が守ってきた森林資源により日本では海産物がたくさん取れています。 そこで、世界の国々も日本近海に魚を求めてやってきます。 ただ魚資源は、有限で最近は乱獲が叫ばれています。

 

日本の海の恵みに感謝します。 それと同時に地球環境の大切さ、限られた資源をうまくシェアすることが求められていると思います。 それは、人の命を守る事にもなるのです。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.